Fandom

Wikizilla

映画『シンゴジラ』 エヴァとの共通点探しする声続出

2,861articles on
Wikizilla
Add New Page
Talk0

From Youtube

Description

映画『シンゴジラ』 エヴァとの共通点探しする声続出

映画『シン・ゴジラ』が7月29日に公開された。総監督・脚本の庵野秀明を筆頭に、監督・特技監督に樋口真嗣、音楽には鷺巣詩郎など、『新世紀エヴァンゲリオン』を手掛けたスタッフたちが集結したとあって注目を集めていたが、公開後、ネット上には“やっぱりエヴァだった”という声が殺到している。

Twitterには、

「シン・ゴジラ観た。 これまでのゴジラを見たことがないのでなんとも言えないけど、途中何度かゴジラが使徒に見えた(´・ω・`) とても豪華でとてもスリリングな作品でした。」 「『シン・ゴジラ』。エヴァのヤシマ作戦の面白さを時間いっぱい使ってやる感じ。すげー良かった。恥もてらいもない、特撮オタクとしての庵野秀明の情熱を十二分に感じることができます。」

など、ゴジラ=“使徒”であり、ゴジラを倒すための作戦も、エヴァでの使徒殲滅に使われた「ヤシマ作戦」に似ているという指摘が続出。音楽に至っては共通のものが使われており、エヴァファンにはたまらないものとなっているようだ。またキャストについては、とりわけヒロイン、カヨコ・アン・パタースン役の石原さとみについて、

「シンゴジラ、石原さとみがアスカで、市川実日子が綾波、って感じ」 「シン・ゴジラの石原さとみさんのキャラがアスカだった」 「『シン・ゴジラ』の石原さとみがマジでよかったよ。てか、これアスカじゃない?笑」

と“アスカ”を思い浮かべた人も多いようだ。

とはいえ、エヴァファンでなくても楽しめるという報告も多数。

「シン・ゴジラ、明らかにファミリー層が見れるようなわかりやすいものではないけど、特撮好きやメカ好きをはじめとしたあらゆるオタクは、絶対に見た方がいい。もはや石原さとみの演技とかどうでも良くなるというかそれすら庵野秀明の映画と化してる」 「シンゴジラIMAXで見てきた。熱線の表現で泣いた。あそこで黒澤明の対位法を使うなんて…。鷲巣詩郎の美しい声楽と、熱エネルギーが収束してゆく音、そして庵野秀明の破壊描写…もう鳥肌通り越して自然と涙が流れたよ…。あれだけでも見る価値ある」

等々で、「もう一度見に行く」という声も多くあがっている。ところで、エヴァ新劇場版は第3部が2012年に公開されたものの、第4部の公開日はいまだに決まっていない。庵野氏には「ゴジラでエヴァごっこしてる暇があるならエヴァさっさと終わらせろよ」という声もチラホラ見受けられる…。

関連動画:岡田斗司夫ゼミ8月7日号「シンゴジラのテーマを掘り下げる~ネタバレ御免の一問一答SP」     https://www.youtube.com/watch?v=OeypencpN7o

    岡田斗司夫ゼミ7月31日号「シンゴジラを見なければいけない5つの理由~ここが特撮映画の正念場!!」     https://www.youtube.com/watch?v=qlaikkI7hCY

Appears on these pages
of

File history

Click on a date/time to view the file as it appeared at that time.

Date/TimeThumbnailDimensionsUserComment
current16:04, September 4, 2016Thumbnail for version as of 16:04, September 4, 201603:42480 × 269 (20 KB)Magara M&E (wall | contribs)created video

Metadata

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.